読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】「本田式サバイバル・キャリア術」レビュー

こんにちは、RYU-MAです。

今回ご紹介するのは本田直之さんの「本田式サバイバル・キャリア術」。
レバレッジシリーズで知られる有名な著者の方です。
ビジネス書好きならご存知の方も多いはず。

 

f:id:ryu-ma01:20170105125911j:plain


会社に頼れない時代、どう個人として社会で生き延びるかということが書かれています。
これからの時代、個人で稼げるようになっておかないとダメですね。



歩く速度を上げる、一冊の本を読む時間を短縮する、どんなことでもかまいません。
「ちょっとスローなんじゃないかな」という習慣を、少ない時間でやったらどうなるか考え、実際に試してみることです。
その際に大切なのは、劇的なまでに思いきった変化を目指すことです。
一時間かかった仕事を50分で終わらそうでは、これまでの延長上でしか考えられません。
一〇パーセントの効率アップではなく、一〇倍の効率アップくらいの極端な気持ちでやらなければ、時間感覚を変えることはできないのです。

 
まず昔と今で異なるのは、時間感覚です。
インターネットもなかった時代は、皆が一緒の時間に会社にきて、仕事をして帰るという
決まった流れがありました。
しかし今はインターネットさえあればどこでも仕事ができてしまう環境にある人も多いでしょう。
そういった環境下では、個人がどう時間を意識するかが非常に大切。
1日24時間をどう使うか、今までどう使ってきたかを見直すべきですね。
その中でもうちょっとスピードを上げられそうな部分は、効率10倍アップできないかを考えてみましょう。
例えばお風呂に30分かけている人なら、シャワーだけで済ませて3分で出られないか?というふうに。



ブログ、ウェブサイト、メルマガなどの情報発信ツールは、個人サバイバル時代の基本です。
(中略)
パーソナルブランドづくりのための情報発信の際に大切なのは、出し惜しみしないことです。
たとえば自分が読んで面白かった本、思いついた新しいビジネス、街で見かけたアイデアなど、有料にしてもいいくらいクオリティが高いものを公開していくことが、最終的には大きなリターンをもたらします。

 
今や個人でブログをやっていて、それが出版につながる・・なんて話もよく聞きます。
こうしたことがパーソナルブランドづくり、ということでしょう。
まずはブログやSNSで有名になって、出版やセミナーにまでつなげられるとベスト。
独立するまでには時間はかかると思いますが、有益な情報をコツコツ配信していくだけで
ブランドづくりができるのなら、やらない手はない!
このブログも時間をかけてコツコツ大きくしていきたいですねー。



パーソナル・キャリアは、「私がやりたいことは◯◯だ」と一つに決めてやるものではありません。
何がうまくいくかは、いろいろ試してやってみないとわからないからです。
(中略)
可能性のありそうなこと、自分が興味を持ったことはとりあえずやってみるというのが私の方針でした。


これも見習いたい考え方でした。
あまり考えすぎず、とりあえず・・という感覚で何にでも手を出してみる。
ブログでも、自分のジャンルはこれだというふうにあまり決めすぎない方がいい。
自分がふと思ったことは、なんでも更新してみようくらいの気持ちでちょうどいいんですね。
SNSとの連携とか、動画とか、いろいろやってみよう。


ほかにも「忙しいとは言わない」「体を鍛える」など具体的なメソッドがいくつかありました。
「個」の重要性が高まるであろうこれからの時代に役に立つ一冊です。


★★★☆☆(3)