読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】「毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!」レビュー

書評(時間) 書評(★★★★)

こんばんは、RYU-MAです!


時間術系の本はもう何冊も読んでますが、久々に良書に出会えた感!
いい本でした。
あたり前だけどできてない、重要な考え方がまとまってます。

 

f:id:ryu-ma01:20170106224931j:plain

 

時間をやみくもに費やすだけでは、パフォーマンスは上がりません。
パフォーマンスがいいものを、コツコツ続ける必要があります。
コツコツ続けて得られるパフォーマンス、「コツパ」を意識してみましょう。


なるほど!と思いました。
コツコツやって効果が出ることをきちんと選択して、続けていかないといけませんね。
長期的にみて時間をかけることに意義があるものはなんでしょう?
本書では、ランニング、読書、勉強、掃除、ブログなどが挙げられています。
著者はなんと3200日以上も連続でブログを書いているそう・・説得力がある・・!
ブログ書き続けるぞー!


 

時間をずらすだけで、「自分だけの時間をつかえる」ようになることを最初にお伝えします。
それも「お金密度の濃い」自分だけの時間です。
(中略)
その最たる方法が朝に時間をずらすこと、つまり「早起き」です。


著者は他の人と違った時間の使い方をする必要があると言います。
同じことをしていたら同じ結果しか得られませんからね。
そのために「早起き」をしよう!ということです。
そこで生まれた時間に将来に向けた自己投資、朝読書などを取り入れる。
読書は「コツパ」がいいものとしても挙げられていましたね。

 

 

思い切って「自分の好きなこと」を少しやってから寝るのをおすすめします。
(中略)
「TVを見る」「家族と団らんする」「ゲームをする」「漫画を読む」など、1日の終わりには必ず好きなことをするようにしてから布団に入りましょう。

 

1日をいい感情で終えるために、夜寝る前は好きなことをしてもいいんだそう。
でもやりすぎは禁物で、あくまでちょっとだけやるということを忘れずに。


ここでは紹介できなかったパソコン術、メモ術、スケジューリング術など、
時間を有効に使う方法が盛りだくさんの1冊でした。

良書だったなー、星4つです。


★★★★☆(4)

「毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!」
井ノ上陽一 著