('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】会社を辞めずに年収を倍にする!/藤井孝一【レビュー】

こんにちは!塩の振り方で話題のGokceさんが気になる RYU-MAです。

f:id:ryu-ma01:20170206223716j:plain


今回の書評はこちら。
会社を辞めずにする副業について!

最近では徐々に働き方も変わりつつあり、副業を認める会社も増えてきているようですね。
1つの会社にずっと勤め続けるという昔ながらの働き方が無くなるのも近いかもしれません。

そこで重要になってくるのが、会社に頼らない働き方。
会社からもらう給料以外に、収入源が1つでもつくれるようにして、今のうちからリスクヘッジをしておきましょう。
少額でも稼げる何かがあるっていうのは自信になりますよね。
自分で仕事をつくって、お金をもらう経験はこれからすごく大事になっていくはず。

ネットがここまで普及しているいま、副業のハードルはものすごく低いと思います。
簡単なライター業から情報商材、アフィリエイト、せどり・・・
かなり幅広い副業がパソコン1台でできてしまいます。
会社に勤めながら副業をしている人の方が多数派になるのは近いでしょう。

こちらの本は、会社にいながらどう副業の準備を進めるか、何を副業のテーマにするかなど、副業についての疑問点がQ&A形式でまとまっています。
気になったところをいくつか引用してご紹介。



■副業する上で必要なのは得意分野・専門分野!

まずは「これなら誰にも負けない」という専門分野を持つこと、次に顧客や取引先が「この分野ならこの人しかいない」と思ってくれる存在になること。
そのためには、相手に自分をどう見せたいのかを意識しながら行動しよう。

 
本書は副業といっても、起業や独立についても結構触れられています。
そこでポイントになってくるのがこの「専門分野」。
何でも屋になってはいけないというわけです。

普通のラーメン屋さんより、しょうゆとんこつラーメン専門のラーメン屋の方がちょっと気になりますよね。
手広くなんでもやるのではなく、逆にぐっと絞ることでアピールしていくのです。

どんどん分野を絞れば絞るほど、その分野の中で1番になることは容易になっていきます。
何を得意分野にするのか、専門分野にするのかを決めましょう。
でも、「自分には得意なことなんてない!」と思う人も多いと思います。
そこで得意なことを見つける方法の1つが、次に紹介するコチラ。



■起業のネタはどう見つける?

このように自分の子供の頃を思い出してみると、「ああ、こんなことをやりたかったのか」と自分の夢を再発見できます。
そして、その夢でどうやってお金を稼ぐのかということを発送していくと、自分にとってやりがいのある起業ネタが見つかりやすくなるでしょう。

 
起業ネタを見つけるには子供時代を思い出してみることがひとつのポイントとのこと。
子供の頃の夢や、得意だったことを思い出すことで何かきっかけが見つかるかもしれません。
そのとき「こんな特技でお金なんか稼げないか・・」と思わないこと。
どうにかお金につなげることはできないか、考えてみましょう。

その特技を動画にして見せることはできませんか?
情報商材にまとめて、売ることはできませんか?
小説化して文章を売ることはできませんか?
直接人に教えることはできませんか?

お金に変えるポイントはどこかにあるはずと信じて、まずは考えてみましょう。
そしてそれを実行に移してみましょう。



■起業の準備はいつからすべき?

よく「会社の仕事が忙しくて起業の勉強などできない」と言う人がいます。
しかし、実際に独立してみるとよくわかるのですが、会社勤めのときよりはるかに忙しくなって、とても勉強どころではありません。
ですから休日はもちろん、平日の朝に寝ていた時間や、夜に酒を飲んでいた時間などを振りかえて、いろいろな準備をしておくべきです。

 
よく言われることですが、勉強するのに遅すぎることはありませんし、時間がないといってもどこかに時間は隠れているもの。
自ら時間を作り出す意識をもって、なんとか少しずつでも副業や起業についての勉強をするといいでしょう。
特に休日の時間をうまく使えるといいですね。

例えば休日の午前中は勉強時間にあてるとか。
あらかじめ時間を決めてしまって、手帳にでも書き込んでしまいましょう。
社会人になってから勉強する人は少ないので、少し勉強するだけで一気に差別化が図れます。




これから副業が活発になってくるであろう今から勉強しておくことをおすすめします。
何をやっていいかわからない人は、ブログで情報発信から始めてみてはいかがでしょうか?
文章を書く練習にもなるし、どういう記事が読んでもらえるかという視点も養うことにも繋がります。
うまくいけばマネタイズできる可能性もあります。
なんでもいいので、あなたに合ったものを負担のない範囲ではじめてみましょう。


★★★☆☆(3)
会社を辞めずに年収を倍にする!/藤井孝一