('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

転職者必見!転職エージェントとの面談に行ってみた!

こんにちは!RYU-MAです。

f:id:ryu-ma01:20170207233807j:plain


いま私は転職活動の真っ最中です。
そこで転職をするにあたって、転職エージェントというものを使っています。
エージェントとの面談に行ってきたので、これから利用する人に向けて、大まかな利用の流れをまとめておきます。

 


▼転職エージェントとは?

そもそも転職エージェントとはなんでしょうか。
転職エージェントとは、転職者と転職先企業の間をとりもってくれるサービスのこと。

通常、履歴書や職務経歴書を転職したい企業に送って、転職者は企業と直接やりとりします。
しかし、転職エージェントのサービスを使えば、それらの資料を企業に送ってくれたり、企業に対してその人がどんな人であるか推薦文を書いてくれたりします。
ほかにも面接対策や資料の添削などいろいろなサポートを受けることができるんです。
転職者側は基本無料で使えるサービスなので、使わない手はないでしょう。

例えば転職エージェントの一例としてこういった会社があります。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント


みなさん聞いたことのあるところもあるのではないでしょうか。
それぞれに長所、短所があるので自分に合ったところを探すことをおすすめします。
各エージェントの特徴についてはまだ今度記事にする予定です。



▼転職エージェントサービスの流れ

さて、次に転職エージェント利用の流れについてです。
基本的な流れは以下のようになります。

①ネットで面談の申し込み
②企業を紹介してもらう
③企業に応募する
④面談対策を受ける
⑤内定ゲット!

エージェントの方と面談をして、具体的な企業を紹介してもらいます。
そしてそれらの中から気に入った企業に応募をしていくという流れ。
今回は①のエージェントとの面談について具体的に説明します。



▼転職エージェントとの面談

<STEP1>面談の申し込みをする

まずは、転職エージェントとの面談を申し込みます。
基本的にネットで申し込みできるところが多いです。
申し込み後、電話やメールがくるので具体的な面談の日程を決めましょう。
だいたい1〜3日後くらいに面談のアポイントが取れることが多いです。
転職を考え出したら、面談はなるべく早く済ませておいた方がいいですよ。
いろいろなことに相談に乗ってもらうことができますからね。

面談前に履歴書や職務経歴書の提出が求められた場合はメールで送っておきましょう。
資料をまだ作れていない場合は簡単なアンケートで代用できることもあります。


<STEP2>面談に行く

面談は基本的に各エージェントの会社で行います。
(時間がないなど場合によっては電話で済ませてくれる場合も)
特に持ち物などはありませんが、筆記用具くらいは持って行った方がいいでしょう。
また、服装は私服でOKです。面談といってもスーツでいく必要はありません。

このとき面談で話す内容はこんな感じ。

  • 転職エージェントサービスの説明
  • 今までの仕事についてのこと
  • これから転職したい企業についてのこと
  • 具体的な企業の紹介
  • これからの転職活動のスケジュールについて


面談ではいろいろなことをエージェントさんが聞いてきますので、それに答えていきます。
だいたい面談全体で60〜90分ほどですが、ここでは本音で話しておくことをおすすめします。
既に行ったエージェントや応募している企業があれば正直に伝えた方がいいです。
それらも加味してサポートしてくれるので。


<STEP3>応募できる企業を紹介してもらう

ある程度面談が進んで、転職活動についてのすり合わせができたら具体的な企業の紹介をしてもらいます。
企業の紹介は、面談中に「こんな企業があります」と直接紹介してもらう場合と、面談後にネット上で企業を紹介してもらう場合があります。
専用サイトのマイページのようなところに一覧で載せてもらう感じですね。
紹介の仕方はエージェントさんによると思います。



▼まとめ

面談の流れはこんな感じでした。
あらかじめ自分の疑問点や聞きたいことをまとめておくと効率的な面談になるかと思います。
また、いくつかの会社を使って複数のエージェントさんと面談しておく方がいいです。
それぞれ話す内容が違うので、いろいろな情報を得ることができます。
自分に合ったエージェントさんを見つけて、転職を成功させましょう!