読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

目標設定の鉄則!目標達成に必要なたった1つのポイント

こんにちは!RYU-MAです。

f:id:ryu-ma01:20170209223047j:plain


昨日20代のうちに達成したい目標を設定しました。
「教養・知識」「健康」「心・精神」の分野でそれぞれ5つずつ、計15個の目標ができたところです。

これらの目標は5年以内に達成することを目安に立てました。
”いつまでに”という期限を決めることは目標達成に不可欠ですからね。

しかし、まだ目標が抽象的な表現にとどまっているのが問題点。
今のところ目標はこんな感じになってます。

 


<20代(あと5年)で達成したい中期目標>

▼”教養・知識”
・新聞を読む
・教養に関する読書を習慣化できている
・アフィリエイトについて学ぶ
・古典を読む
・高級ホテルに行く

▼”健康”
・運動を定期的にしている
・早寝早起きができている
・歯医者に定期的に通う
・毎日卵を食べる
・毎朝水を飲む

▼”心・精神”
・人に好かれる人物になる
・人を素直に褒められるようになる
・積極的にプレゼントをあげる
・夢や目標を毎日ありありとイメージする
・ビジュアルで夢や目標を貼り出し、毎日眺める

 


▼達成しやすい目標のポイントとは?

抽象的な目標を具体化していくためには1つポイントがあります。
それは”数字を入れる”こと。
どんな目標も測定可能なものに落とし込んでいく必要があるのです。

「人に好かれる人物になる」という目標を例にとってみましょう。
この目標は非常に抽象的です。
人に好かれる、という部分が測定できないわけですね。
目標を達成できたかどうかがわかりづらい。

ですからこの場合、測定できるよう数字を入れた目標に言い換えます。
たとえば・・・

  • 1日1回は人を褒める
  • 毎朝笑顔で3人に挨拶する
  • 人と話すとき1回は相手の名前を呼ぶ


このように必ず数値を入れることです。
これらの目標であれば、達成できたかできていないかが一目瞭然です。
実際に行動に移しやすいと思います。

というわけで、全ての目標を数値化した具体的なものに表現を変えていきましょう。

 


▼目標に数値を入れて具体的にすると・・・

▼”教養・知識”
・新聞を読む
→2017年4月までに新聞をとる
・教養に関する読書を習慣化できている
→1ヶ月に3冊は教養に関する本を読む
・アフィリエイトについて学ぶ
→アフィリエイトに関する本を5冊読む
→アフィリエイト記事を1度以上貼る
・古典を読む
→1年に4冊は古典を読む
・高級ホテルに行く
→1年に1度はホテルのラウンジに行く

▼”健康”
・運動を定期的にしている
→2017年中にジムの体験に1回以上行く
・早寝早起きができている
→休日も8時までには起きる
・歯医者に定期的に通う
→3ヶ月に1度は歯医者に行く
・毎日卵を食べる
→毎日1個以上卵を食べる
・毎朝水を飲む
→毎朝コップ1杯の水を飲む

▼”心・精神”
・人に好かれる人物になる

→人と話すとき1回は相手の名前を呼ぶ
・人を素直に褒められるようになる
→1週間に1回は人を褒める
・積極的にプレゼントをあげる
→1ヶ月に1人以上にプレゼントをあげる
・夢や目標を毎日ありありとイメージする
→1日1回は手帳の目標リストを眺める
・ビジュアルで夢や目標を貼り出し、毎日眺める
→1日1回はスマホで夢を視覚化したものを眺める

それぞれ数字が入った目標になりました。
これで具体的にどういった行動をとるべきか相当わかりやすくなりました。

 


▼目標を数値化したあとにすべきこと

次回はそれぞれを5年というスパンにどう落とし込むかを考えます。
実際に5年で全てを目標を達成するために、いつ何をすべきかを決めるわけです。
もし必要であれば、今回数値化した目標をさらに細分化するかもしれません。

とにかく目標達成に必要なことは、

  • 期限を決めること
  • 測定できるよう数字を入れること

の2つです!