('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】10年後、君に仕事はあるのか?/藤原和博【レビュー】

こんにちは!RYU-MAです。

f:id:ryu-ma01:20170216200037j:plain


いま転職活動中ということもあって、働き方について考えることが多くなりました。
今回ご紹介するのは、そんな働き方についての本。

本書ではメインターゲットを高校生くらいに設定していますが、大人が読んでも十分勉強になる本でした。
今後10年で世界はどう変化するのか、その変化を生き抜くために必要なスキルは何か。

改めて働き方を考えるきっかけになると思います。
・・では、本書からいくつか抜粋してご紹介いたします!

 

 

▼人から信用を得るためにすべき3つのこととは?

人柄を高め、クレジットを蓄積しようとするとき、何が基本になるか。
それは、①挨拶ができること、②約束を守ること、そして、③人の話が聴けること、でしょう。

 

今後AIやロボットがより身近な世の中になることが予想されます。
人間の仕事もロボットがどんどん奪うことになるでしょう。
ただ、人間にしかできないことは必ずありますし、そういう仕事は残ることになります。
ロボットが人間の仕事を奪う時代に大切なのが、信用される人になること。
この人に任せたい、この人でなくてはいけないと思われる必要があるんですね。

そこで信用を高めるためにすべきことが、これら3つという訳です。
①挨拶ができること
②約束を守ること
③人の話が聴けること

言うのは簡単ですが、完璧にできている人は少ないでしょう。
簡単なことだからこそ確実に、しっかりこなしておきたいものです。



▼恥をかく経験を積もう!

だから僕は、30代まではあまり「恥」や「嫉妬」に惑わされず、ある意味、無謀に生きるのがいいと考えています。
早熟な人は例外ですが、社会的なミッション(使命)を持った大人として生きるのは、40代からでいいのではないでしょうか。

 

いま20代の人は、多くの人が90歳近くまで生きるという予想もあるそう。
社会的な使命を持つのは、40代からでも良い、といいます。
長く生きる人生だからこそ、下準備の期間を長く設けてたくさんチャレンジしていく。
恥をかくかもしれないし、無謀だと言われるかもしれませんが、準備期間だと信じてやってみる。
90年のスパンで人生を考えると、少し気が楽になりますね。



▼コミュニケーション能力を伸ばすために必要なこととは?

とりわけ社会人になったら、職場とは別に、複数のコミュニティに参加して「ナナメの関係」を作っておくこと。
これが君のキャリア形成のリスク・ヘッジ(安全装置)にもなるのです。
(中略)
もし君が、人間関係に強い人を目指したいなら、いまから「ナナメの関係」の大人たちと積極的に関わり、コミュニケーションの練習を積んでみてください。

 

「ナナメの関係」とは、世代を超えた先輩・後輩との関係のことを指します。
会社に属していると、だいたい決まった人とコミュニケーションをとることになります。
それではコミュニケーションに偏りが出てしまうので、会社以外のコミュニティに参加して色々な人と関わってみる。
そうすることでコミュニケーション能力を伸ばすことができるんですね。
出会いの数を増やしておくと、思いがけない機会に遭遇できるかも。



▼これからの人生は90年で考えよう!

まず結論です。
人生が90年の時代には、1回の人生ではとても生ききれません。
もちろん、90年かけて1つのテーマを追いかける人生は美しいのですが、それができる人はわずかしかいないでしょう。

 
人生が90年と考えると、1つの仕事を追い続けるにはちょっと長すぎる。
つまり、仕事を終えた(定年)後に何をすべきかも考えておく必要があるのです。
複数の仕事を重層的に積み重ねてキャリアを形成していくべきというわけです。
いまの仕事以外に人生で何をやるか、考えておくといいでしょう。
何をすべきかわからない人へのヒントは、次の項目で。



▼持つべきものは複数のコミュニティ!

いずれにしても、単線型から、複線型の人生観への転換が必要なのです。
(中略)
そこで大切なのは、コミュニティに参加すること。
まず会社に入ったとしても、複数の組織外のコミュニティに属すことで、やがて育つビジネスやボランティアの芽を育んでください。
たとえば、地域社会のコミュニティでもいいし、被災地支援のコミュニティでもいい。
好きな鉄道を趣味とした鉄ちゃん同士のコミュニティでも、君がイニシアチブをとってネット上に作ったコミュニティでもいいんです。
それらが、君がメインとする仕事の山(本線)の左右にいくつか配置され(支線)、そのコミュニティでの人間関係を徐々に育んでいけるなら、やがて山にまで育つ仕事の「裾野」になりますから。

 

長い人生を生きるのに、複数の仕事やテーマを持つ必要がある。
そこで、テーマを見つけるために大切なのが「コミュニティに参加すること」だそうです。

ネットを使えば今は簡単にコミュニティが作れるので、実際にこれはぜひやってみたい。
このブログもその一環みたいなもので、大きくして将来的にオンラインサロンとかもできればいいなとは思ってます。
どう具現化するか、模索中ってところです。
まずは私がサロンに入ることでどんなものか体験してみようかな。
とりあえず今はコツコツと読者さんを増やすことに注力してます。


働き方や仕事のあり方が変化しつつある今、改めて考えてみましょう。
自分の仕事は10年後もあるか、
10年後どうなっていたいか、
人生で何を達成したいか・・・。


★★★★☆(4)
10年後、君に仕事はあるのか?/藤原和博