('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

行きつけの本屋さんを持つことで得られる3つのメリット

こんにちは!RYU-MAです。

f:id:ryu-ma01:20170217182816j:plain


みなさんはリアル書店に行きますか?
いまはAmazonなどネットで本を買う人も多いですよね。
ちなみに私はリアル書店とネット併用派です。
それぞれ良いところがあると思います。

ところで、私には行きつけの本屋さんが3店舗ほどあります。
どれも自宅や駅から近くアクセスしやすいところ。
近いから用もないのになんとなく通ってしまいます。

行きつけの本屋さんを持つことのメリットをまとめました。
新しい本屋さんを見つけるのもいいけど、同じ本屋さんに通うのもいいですよ。

 
1.短時間で情報収集できる!

週に何度も行く本屋さんであれば、どこにどんな種類の本があるかだいたいわかってきます。
時間がないときでも、自分の興味のあるエリアだけをさっと見ることができるのです。
よく行くエリアは何回か行くと決まってきますね。
私の場合はビジネス書、新刊、雑誌とおおむね3エリアに足を運びます。
一気にざっと目を通せるのはリアル書店のいいところ。



2.トレンド(流行)がわかる!

行きつけの本屋さんであれば、平積みの本が変わっていることにすぐ気付けます。
そうすると、長い間平積みになっている本やそうでない本がわかってくるんですね。
長い間平積みになっているということは売れている証拠です。
どういう本が売れているのか、なぜ売れているのか考えることでトレンドを掴むヒントになります。

 


3.思いがけない本に出会える!

本屋さんでは、ある特定のテーマの本をまとめたフェアをやっていることがよくあります。

例えば”歴史”関連の書籍をまとめたものとか。

そんなときは、自分の興味のないテーマでも手にとってみることをおすすめします。

自分の興味が広がるかもしれません。

思いもよらない本に出会えるのもリアル書店のいいところです。

 

 

特に買わなくても、行くだけでいいんです。
本にお金を使うのがもったいないとか、読む時間がない人こそ行きつけの本屋さんを見つけてください。
10分でも本屋さんにふらっと行くことで、そしてそこでパラパラっと本を眺めることで得られるものが必ずあるはずです。