読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】天職は身をたすける!好きなことを仕事にする方法/矢尾こと葉【レビュー】

書評(★★★★) 書評(アウトプット) 書評(働き方・キャリア) 書評(起業・副業)

こんにちは!りゅーまです。

f:id:ryu-ma01:20170222060109j:plain

[天職は身をたすける!好きなことを仕事にする方法/矢尾こと葉]

今回ご紹介する本のテーマは”天職”についてです。
一般的にある仕事の中でどの職業が天職か?という自分の適正を図るものではなく、自分の好きなことをマネタイズして仕事としてしまおう、そしてそれを天職にしようという内容です。
自分の好きなことでコンサルをやってマネタイズしたい、セミナーを開いてお金にしたい・・・という思いを仕事化、天職化しようということ。
起業や副業、ひとりでのビジネスなど新しい働き方を模索している人にぴったりの本でした。
自己分析的なワークもあるので、就活・転職中の人にもおすすめ。

ではいくつか引用してご紹介いたします。

▼天職を見つけるには意識的な時間の確保が必要!

当時の私のような人が今の状況から天職へ移行するには、まず、天職について考えたり、興味のあることをうやってみたりするための、時間と心の余裕をもつ必要があると思います。
具体的にいうと、まずは一日三十分でもいいいので、自分の未来へ投資する時間と場所を確保するということです。

 

天職を見つけるには、そのための時間を確保することが大切です。
ぼんやりと何も考えず生活していても、自分の働き方を改善できないのは当然ですね。
ちなみに著者は好きなことをやる時間をつくるため、勤めていた会社の社長に「週休4日にしてほしい」と直談判したそう。
社長はその要望に応じ、給料もそのままに週休4日のスタイルで生活することができるようになったんだとか。
好きなことを仕事にするためには、これぐらいまでしてなんとか時間を作ろうという強い思いが必要なんでしょう。
個人的には、朝や夜に仕事について考えて、それをきちんと紙に書き出すのがおすすめです。



▼つきあう人を変えて自分を変える!

変化への恐れを乗り越え、セルフイメージを高めるためにも、天職を生きると決めたら、同じ志をもつ人たちと積極的につきあっていきましょう。
まわりの人が自分に与える影響は、とても大きなもの。
夢を求め、ポジティブで前向きな人たちとつきあうほど、元気を分けてもらえます。

 

「よくつきあう人5人の平均年収が、自分の平均年収である」という法則を聞いたことがありますか?
自分のつきあう人と自分自身は似てくる、類は友を呼ぶということです。
この法則を逆に利用するとすれば、高収入の人たちとつきあえば自分も高収入になるということです。
単純につきあう人を変えただけで年収が上がるとは思えませんが、考え方や意識は徐々に変わっていくでしょう。
状況や環境を変えるには、人間関係を変えるのが手っ取り早いかもしれません。

 


▼できるところからアウトプットを!

アウトプットの優先順位は、一にスピード、二に品質。
5年後の理想的なアウトプットより、今すぐできるアウトプットです。
未熟でも思いつきでもいいので、口に出しましょう。
言葉にして、メモに書き出しましょう。

 

好きなこと、得意なことを仕事にするには自分から発信、アウトプットしていくことが必要です。
自分には何ができるか、どんなアウトプットができるか考えてみましょう。
アウトプットの例として以下のようなものが挙げられています。

  • できることや得意なことを「得意です」と人に伝える
  • セミナーや勉強会で聞いたことや学んだことを人に話す
  • 知っている知識や情報をブログに書く
  • 情報発信専用のメディアを使う(ブログ、ホームページ、メルマガなど)
  • 自分の体験や知識を、小冊子にまとめて読んでもらう
  • 自分がいいと思う商品やおすすめの情報を人に伝える


とにかく気軽にアウトプットすることを習慣化するといいでしょう。
こんなふうにブログで情報発信するのはおすすめです。
私の場合は本が好きなので本のことを書くことが多いですが、あなたにも好きな何かがあるはず。
その情報や知識は誰かが必要としているかもしれません。
情報発信をコツコツとし続けることで、天職が見つかるチャンスがくる確率は上がっていきます。


自分の好きなことを仕事に繋げ、ひとりでビジネスを大きくするためのハウトゥー本。
新しい自分や新しい働き方をしたい方は読んでみてはいかがでしょうか。

★★★★☆(4)
天職は身をたすける!好きなことを仕事にする方法/矢尾こと葉

 

<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>