読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【第二新卒の転職日記】転職エージェントの面接対策が役に立ちすぎる件

日記 転職

こんにちは!りゅーまです。

f:id:ryu-ma01:20170224013918j:plain


▼初めての転職面接に行ってきた!

ここ数日で、転職の面接に二社ほど行ってきました。
久しぶりの面接でキンチョウシター。

一次面接なので軽い面接でしたが、二社共通で質問されたのは、

  • 自己紹介
  • 退職理由
  • 志望理由

の3つ。

ここは転職面接では必ず聞かれると思っておいて間違いないと思います。
どういう角度で聞かれてもいいように、これらの質問については入念に準備しておくことを勧めます。



▼転職エージェントと面接対策をしておこう!

面接の対策なんですが、やはり自分でやるには限界があります。

誰かに客観視してもらって、フィードバックをもらっておいた方がいいでしょう。

そんなとき役立つのが転職エージェントです。
ほとんどの転職エージェントでは面接対策をやってくれるので、本番前に受けておいた方がいいです。

電話で対策をすることもできますが、やはり直接会って相談した方がベター。

エージェントとの面接対策のときまでには、基本的な質問に対する受け答えと、面接で気になることや聞きたいことをまとめておいて下さい。
面接対策は長くても2時間程度ですので、効率良く自分の気になる点をクリアにできるように準備しておく必要があります。

やはりエージェントはプロなので、ぼんやりしていた志望動機などを端的にまとめてくれました。
企業の目線でアドバイスをくれるので、勉強になるところが多かったですね。



▼「最後に何か質問はありますか?」と言われたときの対応

エージェントからのアドバイスで「なるほどな!」と思ったことがありました。
それは最後の質疑応答での対応。
面接の多くでは、終わりのタイミングで「最後に何か質問はありますか?」と聞かれます。
このとき給与とか、残業について聞くのはあまり印象がよくないそうです。
待遇面ばかりを気にしている思われてしまい、本当に仕事のやる気があるのか疑われてしまうんですね。

基本的には仕事の内容についてホームページなどを見てもわからない点を聞くといいのですが、けっこう効果的なのが「アピールしきれなかったことを再度アピールすること」だそうです。


面接では、「自己PRであれを言いそびれた!」「志望理由で言いたいことがあったのに!」と思うことがあると思います。
そういうときは、最後の質疑応答のところで正直に言ってしまいましょう。
「質問ではありませんが、一点申し上げたいことがあるのですが…」と。
そして言い足りなかった部分を再アピールするのです。

面接の全てをアピール時間だと捉える考え方に、なるほどなと思いましたね。
ちなみに面接を受けた二社のうち一社ではこのテクニックを使ってみました。

効果があったかはわからないけど・・・笑



▼まとめ

ということで、面接対策はエージェントを利用してきっちり行っておくべきです。
不明点はとことん聞いて、納得した状態で面接に進むことをオススメします。
今後 転職活動で気になった点があればこんな感じで転職にまつわる記事をアップしていく予定です。



<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>