読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ/河野英太郎【レビュー】

書評(★★★) 書評(仕事術)

こんにちは!りゅーま(@ryumatome) です。

f:id:ryu-ma01:20170224104503j:plain

[99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ/河野英太郎]


今回ご紹介するのはシンプルな仕事術の本です。
細かく章が分かれていて、広いテーマについて書かれています。
例えば、

  • 会議
  • メール
  • 文書作成
  • コミュニケーション
  • 時間

などなど。

テーマが広い分、内容としては基礎的なことが多かったかな。
20代の若手ビジネスマン向けですね。

ではいくつか引用してご紹介致します。



▼メールはすぐに返信するべし!

未対応のメールは「未対応フォルダー」に入れる、あるいはフラグを立ててわかるようにする、など人によってさまざまな対策を取っていると思いますが、最高の対処は、「見た瞬間に返信する」です。
メールの大半はその場で判断できるはずです。
後回しにする理由はありません。
届いた瞬間に集中力を一気に使って対応すると、相手からもらう「はやっ!」とか「迅速な対応ありがとうございます」といった反応が快感に変わります。
とはいえ、現実にはどうしても緊急の用事や、締め切り前などで対応できないときもあります。
そのときには、返信ボタンを押して、返信モードにだけでもしておきましょう。
空き時間ができたらすぐに対応できますし、失念も防げます。

 

仕事をする上でメールを使っている人は多いでしょう。
今やほとんどの仕事がメール無しでは成り立たないかもしれません。
多くの時間を取られるメール返信ですが、基本的には見たらすぐに返信することを推奨されています。
その場できちっと判断できるよう、決断力をつける必要もありそうです。
ただし、例外的に感情が高ぶっているときにはすぐに返信してはいけないそう。
自宅でアルコールが入っているときなどは、翌日改めて返信するようにしましょう。



▼相手を名前で呼ぶ!

日本語の習慣では、挨拶のときに名前を呼んでしまうと、何か特別な用事があるのかと思われてしまうのであまりおすすめしませんが、例えば初対面で名刺交換をした後に「◯◯さんはいかがですか?」とか「今◯◯さんがおっしゃったように」と意図的に相手の名前を呼ぶようにしてみると、間違いなく心理的な距離が近づきます。
実は私は名前を覚えるのがとても苦手なのですが、日々、人知れず訓練を続けています。
とはいえ、これは名簿を作って必死に暗記する、というものではなく、以前会ったことがある人とすれ違ったり、遠くで見かけたりしたら、会話のあるなしにかかわらず、必ず「◯◯さん」と具体的に名前を思い浮かべることを習慣にしているくらいのことです。

 
これは以前紹介した『マンガでわかる!林修の「話し方」の極意』でも紹介されてましたね。

(よろしければ下記記事もご覧ください)

ryu-ma.hatenablog.com
複数の本で同じことが書かれているということは、本当に大事なポイントということです。
「またこれかよ、知ってる」ではなく、実践できているかを再考するいい機会として捉えましょう。

名前だけではなく、プロフィールも意識的に覚えるとより良いです。
例えば出身地や趣味、誕生日なんかを覚えておくことでコミュニケーションのきっかけにもなります。



▼とにかく仕事はすぐやる!

大きな会議が終わると、議事録作成やその他、会議に付随した仕事が発生することがよくあります。
しかし「まずはホッと一息」と、仕事を置いて、「今日はとりあえず帰ってビールだ!」というのは人情です。
同様、メールや電話で依頼や問い合わせがあっても、内容を認識しつつ「後で対応しよう」とすることもよくあると思います。
しかし、これは意外に大きな落とし穴です。

 
上述したメールの返信と同じで、とにかくあらゆる仕事はすぐに着手することです。
すぐやってくれる人はそれだけで印象がよくなりますし、自分にとっても時間短縮になるのです。

私も仕事を後回しにしたために失敗した経験があります。
どうしてもすぐできないときは、仕事にほんのちょっとだけ取り掛かっておくのがいいと思います。
ちょっとだけ取り掛かることで、この仕事がどれくらい重要な仕事なのか、どれくらい時間がかかる仕事なのかがなんとなくわかります。
そこを把握しておくだけで安心感が違いますし、スケジュールも大変立てやすくなりますよ。


基礎的な内容が多かったので星は3つ。
仕事術の本1冊目としてはいいかもしれません。

★★★☆☆(3)
99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ/河野英太郎

<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>