読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

アキラ100%優勝!「R-1ぐらんぷり2017」を勝手に採点してみた

こんにちは!りゅーま(@ryumatome)です。

f:id:ryu-ma01:20170301011142j:plain

 

今年も「R-1ぐらんぷり2017」が終わりましたねー。

アキラ100%優勝おめでとう!!(パチパチパチ)

R-1、M-1あたりの大きなお笑いイベントは毎年観てます

 

▼R-1ぐらんぷり勝手に採点結果

勝手ながらネタの採点をしてみます。

審査員とだいたい同じで個人的には納得できた回でした。

審査しやすかった回のような気がしますね。

 

<Aブロック>

・レイザーラモンRG(84点)

1発目ということもあって、会場も重かったですね。

RGさんも緊張しているように見えました。

会場を巻き込むタイプのネタだったので、お客さんがここから軽くなったような気がします。

・横澤夏子(85点)

自転車に乗ったお母さんのネタでした。

小道具をフル稼動して動きもあって飽きずに見られました。

ただ笑いの明確な山場がなかったかな。安定はしていたかもしれないけど。

・三浦マイルド(89点)

自身のキャラを出さずにフリップネタでしたが面白かったです。

個人的にAブロックでは1番良かったですね。

お茶の間票が3票入っていれば、決勝に行けたかもしれませんねー。

・サンシャイン池崎(86点)

ツカミ良かったですね。

ハイテンションだけじゃなくしっかりネタとして構成されてた感じ。

関根さんもテクニックがついてきたって褒めてましたね。

 

<Bブロック>

・ゆりやんレトリィバァ(85点)

ちょっとコンセプトがわかりにくかった。

R-1のネタ時間でやるべきネタじゃなかったかもしれません。

・石出奈々子(93点)

「ジブリ×大阪」という設定がすでに面白い。

笑いの種類も多くて構成も上手でした。

全体通してネタとしては1番面白かったです。

・ルシファー吉岡(89点)

これも設定が面白かったです。

シンプルで非常にわかりやすいネタ。

・紺野ぶるま(82点)

個人的には最低点数でした。

演技力とか魅せる力が足りない感があるなぁ。

 

<Cブロック>

・ブルゾンちえみ(85点)

緊張がこっちまで伝わってきて、笑いの空気が作れてなかったと思います。

音楽に合わせたネタなので、セリフが飛んだときに挽回できないのが厳しい。

たぶんガチガチに仕込んで、笑いを理論で考えるタイプの人なんでしょうね。

アメトーークに出てたときのフリートークがかなり仕込み感があったので、努力家なんだろうなと思う。

あと1点だけ気になったのが、「35画」のボケ。

これは「35億」がフリとして効いてる訳だけど、ネタの中でフッてないからご法度でしょう。

・マツモトクラブ(88点)

ネタとしては面白かったけど、ショーレースで勝てる爆発力はなかったです。

完成された、作り込まれたネタって感じ。

・アキラ100%(90点)

生放送の空気感が味方した好例ですね。

完全に勝つ空気感がありました。

面白いネタというよりあの場で勝てるネタ。

・おいでやす小田(89点)

初めて見たけど面白かったです。

巧さがありますね。ほかのネタも見てみたい。

 

<決勝>

アキラ100%が優勝しましたが、石出奈々子もジブリネタ以外なら優勝の可能性があったんじゃないかな?

石出さんの1本目ネタの完成度が高く、2本目はそれを超えられていなかった感じがします。

「ジブリ×現実」という設定にお客さんが慣れちゃいましたね。

 

▼まとめ

アキラ100%さん優勝おめでとうございました!

生放送という番組の放送形態とある意味相性バッチリでしたね笑

 

あと投票についてですが、”お茶の間投票”がすごく疑問でした。

ブルゾンちえみにお茶の間票がたくさん入ってましたが、それはただの人気票ですからね。

ネタで評価しないと全く意味がない。

純粋に審査員の票だけで判定していいと思うけどなー。

 

<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>