読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

内定出た!転職活動を終えて振り返る7つのこと

f:id:ryu-ma01:20170309195356j:plain

 

こんにちは!りゅーま(@ryumatome)です。

[トピック「退職」]


1月末に前職を退職し転職活動をしていましたが、ついに内定が出ました〜!
これで落ち着ける・・よかった・・・。

退職済みなのでなかなか転職先が決まらなかったらどうしようかと不安でしたが、とりあえず安心。
いま25歳なので、いわゆる第二新卒での転職です。

業種も業界も異なる企業への転職でしたがなんとか上手くいきました。
転職活動をしてきた中で感じたことや気づいたことを項目別にまとめておきます。

 

 

▼1.転職活動期間について

転職活動をしていた期間はだいたい2ヶ月くらいです。
履歴書や職務経歴書をつくるところから、内定が出るまで全部含めて。
だいたい2〜3ヶ月くらいで内定が出る人が多いみたいなので、少し短いくらいでしょうか。

ただ、集中してやればもっと短い間で終えられたかな?とも思います。
会社を辞めると自由な時間ができ、誰にも拘束されないので結構ダラダラと過ごしてしまいました。
ダラダラと過ごすのを防ぐには、早いうちに転職エージェントへの面談申し込みをしてしまうのが効果的です。
転職を考えている人はとりあえず転職エージェントとの面談アポを入れてしまいましょう。

私は履歴書や職務経歴書づくりに結構時間がかかりました。
これさえ作ってしまえば、あとは気になる企業にどんどん応募していくだけなのでそこからはだいぶラクになります。
もし現職が忙しくて「退職してからでないと転職活動ができない!」という人も、これらの資料だけ予めつくっておくことをオススメします。

資料づくりは転職エージェントさんに聞くなり、本で調べるなりして工夫して書きましょう。
面接にいけるかどうかは資料で判断される訳ですから、資料づくりはかなり重要なポイントです。



▼2.転職時期について

転職活動が最も活発といわれる1〜3月に動いていた訳ですが、応募できる企業はそんなに多くなかった印象です。
応募できる企業自体は多いけど、自分が応募したいと思う企業は多くないといった方が正しいかな。
自分のやりたいことと合う企業は、そんなに無いと思っておいた方がいいでしょう。
特にスキルの無い若いうちの転職活動においては。

転職が活発に行われていない時期での転職はもっとキツイかもしれません。
どの時期に転職するかも戦略的にきちんと考えておいた方がいいと思います。



▼3.転職エージェントについて

私は転職エージェントを4社ほど使いました。
最終的には1社に絞りましたが、エージェントとの面談を行ったのは4回。

転職において、転職エージェント選びはかなり重要になってきます。
自分の納得のいくエージェントさんに出会えるまで、何社も回った方が絶対にいいです。
エージェントさんによって、アドバイスが全然違うんですよね。



たとえば、最初に行ったエージェントさんのところでは、

「未経験で業界を変えるなら”営業”か”エンジニア”くらいしかない」と言われました。


私にとって営業もエンジニアもあまり魅力的な業種ではなかったため、正直悩みました。
未経験で自分のやりたい業種に転職するのは無理なのかと。

しかし、ほかのエージェントさんに行ったところ、

「未経験でも、本当に自分のやりたい仕事を探した方がいい」とのこと。


この一言で私はやりたい仕事に絞って企業を探し、やりたい仕事ができる企業から内定をもらうことができました。
このエージェントさんにアドバイスをもらっていなければ、妥協した企業選びをしていたかもしれません。
良いアドバイスをもらえたなと、エージェントさんには本当に感謝しています。

このように、エージェントさんによって企業選びも、転職活動の方向性も変わってきます。
何人ものエージェントさんに会って、この人にアドバイスをもらいたいと思える人に任せましょう。



転職エージェントについての記事はほかにも書いているので、よろしければ下記リンクからご覧ください。

ryu-ma.hatenablog.com

ryu-ma.hatenablog.com

ryu-ma.hatenablog.com

 

 

▼4.転職先の決め方について

私は”長期的にどういうスキルを身につけたいか”を踏まえて転職先を決めました。

これからの時代、会社に頼らず個で戦えるスキルを身につける必要があります。
そこで私が身につけたいと思ったスキルは「企画力」「書く力」「話す力」。
これらのスキルを磨くことができるか?を第一に企業選びをしていきました。

年収など目先のものに流されず、軸を持って企業選びをした方がいいです。
これから先どういうスキルを使ってどう稼いでいくかを考えましょう。
会社を辞めたあとにもそのスキルは通用するのかという視点も持ってください。



会社の満足度については下記記事も参考にしてみてください。

ryu-ma.hatenablog.com

 

▼5.第二新卒について

新卒で入った会社を3年未満で辞めた人たちを第二新卒といいます。
年齢でいうとだいたい25歳くらいまでですかね。
私はちょうど25歳なので、第二新卒といわれる年齢にギリギリ含まれます。

第二新卒は転職市場で引く手数多・・・みたいに言われますが、実際はそうでもない印象でした。
学歴がある場合は別かもしれませんが、私は特に第二新卒ならではの強みは感じませんでした。

第二新卒であることに過信しないほうがいいです。
20代であるうちはほとんど同じ条件じゃないかな。
26、27、28歳くらいでもほとんどハンデは無いでしょう。



▼6.退職後の転職について

私は前職を辞めてから、転職活動を始めました。

退職後の転職のメリットは、なんといっても自由に時間が使えることでしょう。
エージェントさんや企業との面談も融通が利きます。

ただ、時間がありすぎてダラダラしてしまうのがデメリット。
私の場合、最初のうちはなかなか転職活動に本気で取り組むことができませんでした。


ほかに、お金がどんどん無くなっていくので焦ってしまうのもデメリットですね。
収入が無いわけですから、貯金を崩して生活することになります。
転職活動のための貯金は多めにしておきましょう。



費用に関する記事はコチラにもまとめてあります。

ryu-ma.hatenablog.com

 
「1.転職活動期間について」でも述べましたが、どんなに現職が忙しくても履歴書と職務経歴書は退職前につくっておきましょう
ちょっとずつ資料づくりを進めておけば、かなり余裕をもって転職活動ができます。
これはホントやっておいたほうがいいですよ。



▼7.転職活動を終えて

長いようで短い転職活動でした。
行きたい企業に内定が決まってよかったです。
何も知らない状態での初転職活動はやはり大変でしたね・・。
転職をしたことがある人が身近にいれば、話を聞いておくだけでもだいぶ違うでしょう。

転職活動を終えてみて、やはりポイントとなるのは「転職エージェント選び」だと思いました。
まずは複数のエージェントさんとの面談をサクッと終えてしまいましょう。
信頼できるエージェントさんと出会えれば、疑問点や不安点を解消するのもカンタンです。

転職活動中の人に、ちょっとでも参考になる部分があったと思ってもらえると光栄です。
理想の転職ができるよう頑張りましょう!



<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>