読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】貯められる人は、超シンプル/横山光昭【レビュー】

f:id:ryu-ma01:20170324005037j:plain

[貯められる人は、超シンプル/横山光昭]

こんにちは!りゅーま(@ryumatome)です。

今回ご紹介するのは、貯金に関する本。
著者の横山さんの本は何冊か読んでますが、どれもわかりやすいメソッドでためになりますね。
単にお金が貯まればOKというものではなく、考え方根本から見直すやり方なので定着しやすいのもいいところ。

本書では例として”独身一人暮らしのAさん”と、”家族4人で暮らす主婦のBさん”それぞれに合ったやり方が紹介されています。
収入や年齢など具体的な例が提示されているので、非常にイメージしやすい。
自分がどちらかの例にうまく当てはまれば、かなり参考になると思います。
私の場合、Aさんのスペックと非常に似ていたので参考になる部分が多くありました。

さらに本書では1カ月目、2カ月目、3カ月目・・・とやることが決まっているので実践的。
「知れてよかった」に留まらず、実際に貯金体質に変われるようになってます。

気になってポイントをいくつか引用してご紹介します。

 
▼モノをお金だと捉えよう!

今、みなさんの目の前にあるすべてのモノは、お金が形を変えた姿であるとも言い換えられます。
その中には、所有しているだけでお金がかかっているものもあるはずです。
モノをモノとして見ていないのか、モノをお金でもあると見ているのか。
そこの意識があるかないかで、貯められるかどうかが分かれます。
「モノはお金でもある」ろ認識できると、考えが変わってくるものです。
まず絶対に、部屋を散らかしたり、ゴミ屋敷にするようなことはできません。
本当に必要なモノを把握し、モノを大切にするため、不要なモノを持とうとはしないようになるからです。

 

貯められる人はモノをお金として捉えることができるそう。
こう捉えられれば、モノをもっと大事に扱おうという気にもなりますよね。
モノが増えれば生活にも乱れが生じて、それが結果的にお金の問題になってきます。
お金と同じくモノも意識してみましょう。
自分の生活に本当に必要なモノを買っているのか、見直してみましょう。



▼家計簿をつけている人は要注意!

少し余談ですが、いま家計簿をつけているという人もいるかと思います。
家計簿についても、ただ単に記入してそのままにしているだけでは効果が薄いです。
なんとなく記録をしていても、買ったモノまでの把握はできません。
多少の消費の抑制にはつながるのですが、それだけです。
「一応、日々の消費を言われたとおり記入していますが、それを集計したりはしていません」
実際に私が指導している人の中で、とても多く聞く話です。
数年前に、書くだけで痩せるダイエット方法が流行りました。
それについても、ただ書くだけではダメで、見直すことが重要だそうです。

 

私もアプリを使って家計簿をつけるようにしています。

(アプリ詳細は下記リンクを参考に!)
たしかに家計簿をつけているだけで、しっかりと振り返ることはないかも。
つけることに満足してしまっている部分が大きいように思います。
今まで買ったものはなぜ買ったのか、そして買ってどうだったのかを定期的に振り返ってみましょう。
たとえば月末に、1カ月で買ったものについて振り返る習慣をつけるのも良さそうですね。
不要だと思ったモノは、”痛みを感じながら”処分するのがいいそう。
もったいないと思いながら処分する行為が、浪費の防止につながるそうです。

www.ryu-matome.com


▼貯金ができる習慣を手にいれる方法とは?

貯金とダイエットは似ています。
共通して大切なのはマネジメント(管理)です。
マネジメントする力をコントロールできるようになると、みるみる人は変わっていきます。
ポイントは、数値化や見える化をすることです。
例えば、体重を記録すると、数字で明確になりますよね。
日々の変化は一目でわかり、少しでも体重を減らそうと、自然と生活の仕方を工夫するようになります。
「一日の行動記録をつける」という方法をとれば、貯金ができる習慣に変われるはずです。
起床時間、会社に着いた時間、昼休み、帰宅時間、就寝時間といった大きな節目だけを、ざっくりとノートなどに記しておくのです。
正直に言って、ずっと記録しつづけることはたいへんです。
しかし、この1カ月だけでも構いません、ぜひやってみてください。

 

貯金のコツは見える化すること。
お金の貯まらない人の多くが、自分がどうお金を使っているかしっかり把握していません。
いくらの収入があって、いくら貯金して、いくら使っているのか。
しっかりお金の収支を把握し振り返ることができれば、少なくとも貯金はできるようになるでしょう。

そんな見える化の練習として効果的なのが行動記録をつけることです。
自分自身の行動をマネジメントできるようになれば、お金のマネジメントもできそうですね。
見える化して反省する行為はあらゆるものに応用できるかもしれません。


こういった本は、実行に移さなければ意味がありません。
実用書は必ず1つでも行動することを意識してみましょう。


★★★★☆(4)
貯められる人は、超シンプル/横山光昭

<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>