読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

早起きを成功させる方法〜早起きを目的化してはいけない〜

暮らし 朝活

f:id:ryu-ma01:20170330233018j:plain

 

こんにちは!りゅーま(@ryumatome)です。

 

現在新生活に向けて朝型人間になれるよう現在調整中です。

朝型に変えることで仕事の効率を上げたりできればなと思っているのですが、早起きすることを間違って捉えてはいけません。

 

自己啓発書には早起きすれば仕事がうまくいくとか、人生がうまくいくとか、早起きすれば何でも夢が叶うかのように書かれている本も多く存在します。

ただそれはちょっと違うと思います。

 

もっと早起きを柔軟に捉えて、朝の時間を使いこなす意識が必要です。

例えば連日寝不足なのに無理に早起きをしても意味がないし、早起きをしても朝の時間にボーッとしていては意味がありません。

 

早起きをすることをゴールとして考えてはいけないのです。

早起きして自分にプラスになる時間をつくり、それらのことを朝にこなすことがゴールです。

 

早起きの解釈を間違わないために必要なのは、早起きをして何がしたいか目的を決めておくことです。

 

趣味の時間を増やすことが目的でも、読書の時間をつくることが目的でも、資格をとることが目的でもなんでも構いません。

早起きそのものを目的にしないようにしましょう。

 

早起きをできたかどうかチェックするのではなく、早起きして自分の理想通りの時間を過ごせたかをチェックしましょう。

早起きすることは決して目的ではありません。

何の目的に早起きをするのか、何のために朝の時間をつくるのか改めて考えてみましょう。

 

この目的も、少し掘り下げて考えておけるとよりいいでしょう。

例えば早起きをする目的を「朝読書の時間をつくるため」にしたとします。

ここでもっと掘り下げるのです。

何のために読書の時間を設けるのか?と。

出世するためか、起業するためか、リラックスタイムにするためかで、読む本の種類も大きく変わってきます。

この掘り下げる作業を怠らずしっかりやっておけば、何のために早起きをするのかハッキリし、モチベーションを高く保つことができるようになります。

 

早起きをする前に、その目的や意味を考えることで早起きを定着しやすくできるのです。

 

<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>