読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

('3’) りゅーまとめ ('3’)

ビジネス書や自己啓発書をメインに毎日更新中。読者登録よろしくです。

【書評】脳を最高に活かせる人の朝時間/茂木健一郎【レビュー】

書評(★★★★) 書評(朝) 書評(脳科学) 書評(夢・目標)

f:id:ryu-ma01:20170405225214j:plain

[脳を最高に活かせる人の朝時間/茂木健一郎]

こんにちは!りゅーま(@ryumatome)です。

今回ご紹介するのは茂木健一郎さん著の早起きの本。
新生活で早起きに苦労している人はぜひ読んでみてください。
脳科学の視点からのアドバイスは非常にためになりますよ!

では例によっていくつかご紹介します。

 
▼早起きするならテーマを決めろ!

今までやっていない何か新しい取り組みを始めるのであれば、明確なテーマを持つことが肝要です。
早起きもしかり。
せっかく早起きして確保した朝時間なのに、やるべきテーマ(目標や目的)が定まっていない状態では、やる気も起きません。
朝からハイパフォーマンスの脳をつくるうえでは、まず朝時間のテーマを明確にしてください。
さらに、そのテーマと具体的な行動を結びつけ、「習慣化」させることも大事なポイントになってきます。
つまり、朝起きたときに「何をやろうか」と漠然と考えるよりも、”自動的”にやることを決めておいて、それを習慣化してしまうわけです。

 
早起きが良いといっても、ただ朝起きてぼーっとしているだけでは全く意味がありません。
何のために早起きをするのかを明確にしておきましょう。
ちなみに私は読書をしたり、日記を書いて思考を整理したりしています。
朝時間にやれば効果が出ることは何か考えてみてください。
それを毎朝コツコツ続ければ、知らない間にすごく力がついていることでしょう。



▼朝起きられたら、ご褒美を!

朝時間に何か新しいこと、今まで苦手にしていたことに取り組む場合、それを続けるためのご褒美を用意してください。
特別なものである必要はなく、ちょっとした食べ物や飲み物でもかまいません。
脳が快感を得て、「もっと頑張ろう!」と前向きになるものを、毎朝与えてみてください。

 

朝起きるのが苦手な人はご褒美を自分で用意してみましょう。
チョコ好きな人は、高級チョコ一粒を楽しみに起きるのでもいいわけです。
私の場合はカフェでゆったり過ごすことがご褒美になってますね。
ただ、これから早起きをする人は起きてすぐ快感を得られるようなものがいいと思います。
それこそ好きな食べ物や飲み物とか。



▼目標は具体的にアウトプット!

オススメしたいのが、毎朝、目標や夢をアウトプットすること。
朝起きたら、これらを書き出してみても良いですし、声に出して自分に言い聞かせるのも良いかもしれません。

 

目標達成法として非常にポピュラーな手法ですね。
これも朝起きてすぐやることでより効果を発揮できるんだとか。
簡単で効果的な方法ですが、なかなか続ける人はいないので差別化できますよ。
声に出すのは、朝風呂とセットだとよりいいかもしれません。
シャワーを浴びながら目標をイメージしてみましょう。


ほかにも朝時間のSNS活用法なんかについて触れられています。
早起きを習慣づけるだけでなく、早起きをして何を達成するのか目的を見失わないようにしましょう。

★★★★☆(4)
脳を最高に活かせる人の朝時間/茂木健一郎

<読者さん募集中![読者になる]ボタンから登録お願いします>